女性向けの体入情報まとめサイト

現役キャバ嬢が伝授!失敗しないキャバクラ求人の選び方│トラブル事例

キャバ嬢の求人サイトなどでは、「お金を稼ぎたい」「厳しくないバイトがしたい」といった女性の欲求に漬け込んだ、悪質な求人が多く存在しています。

特に「求人情報と実際に提示された条件が違う」というトラブルは最も多く、キャバ嬢と店舗との間に求人情報を巡ったいざこざやトラブルは絶えません。

キャバ嬢の求人の中には悪質なキャバクラも数多存在しているため、失敗しないためにも注意して求人探しをしましょう。

この記事では、失敗しやすいキャバ嬢求人の文言をご紹介します。

キャバクラ求人でよくあるトラブル

キャバ嬢の求人では、以下のようなトラブルが多く報告されています。

  • 求人に掲載されている時給より手取りが少ない
  • 勤務時間がキャバ嬢求人サイトとは違う
  • ノルマなしが嘘だった
  • 実はキャバクラじゃなくて風俗系のお店だった
  • 寮完備が想像と違いすぎた
  • 「完全新規オープン」の嘘

キャバ嬢の求人で失敗すると、そこまでの交通費やメイク、時間など様々なことが無駄になってしまいますし、失敗キャバクラの面接・体入に時間を絡め取られたくないですよね。

以下で、失敗キャバ嬢求人の概要を詳しく解説していきます。

求人に掲載している時給を過信していた

キャバ嬢の求人サイトに記載されている時給は基本的にとても高く、普通のバイトでは得られない高収入である場合がほとんど。

しかし、求人サイトの時給はさまざまな理由でオーバーに記載されていることがほとんどです。

実際はレンタルドレス代やヘアメイク代などの雑費で給料が天引きされていたり、記載時給は「稼げるキャバ嬢のMAX時給」で、実際は2000円以上も下回っていたりといったことがあり、記載通りに稼げなかったというのは珍しくありません。

勤務時間が求人に掲載してあるものと違った

キャバ嬢の求人でトラブルになりやすいのは、求人に記載されている勤務時間と実際に働いた時のギャップです。

キャバ嬢のバイトは通常のバイトと違い、お客様が滞在されるお時間で勤務時間が伸びるということもよくあります。

それだけならまだ目を瞑れますが、キャバ嬢求人サイトには「短期OK」「週1日からOK」「終電上がりOK」と記載をしていたにも関わらず、いざキャバ嬢として入店してみるとシフトにもっと入るように言われる、お店が混雑しているからという理由で残るよう強制され、終電で上がれないということも頻発するのがトラブルの元になっています。

ノルマ無しって嘘だった

キャバ嬢の求人サイトには「ノルマなし」という記載が頻繁に目につきますね。

しかし、実際にキャバ嬢として勤務してみると、ノルマという表立ったシステムはないにしろ、「同伴やお客様を呼ぶことなどを強制される」と言ったことや、「キャバ嬢本人にノルマはないが店全体の売上ノルマはあり、達成しなければ時給が下がる」などの隠れたノルマが存在していることは多くあります。

実はセクキャバや風俗だった

キャバ嬢求人サイトではキャバクラとして募集をかけていても、いざ面接に行ってみると、性接待を伴う風俗系の店やセクキャバだった、というトラブルも少なくありません。

キャバクラを謳ったセクキャバなどでの面接は、キャバ嬢を募集した店舗内で実施するのではなく、店外のカフェなど別場所を指定してくる場合が多く、店舗外で面接を実施されそうになった場合は注意が必要です。

また、キャバクラを謳っているにもかかわらずセクキャバ嬢として女性を引き入れようとするのは明らかな違法行為です。

寮完備だったけど想像と違った

様々な事情で家のないキャバ嬢も「寮なら安く住めて働ける」と考えて応募することも少なくはありませんが、実際に寮に住んでみると「実はキャバクラが借り上げていて家賃を上乗せされ、実際より高い家賃を徴収された」という場合や、「家具家電付きの寮だったけれど相部屋で個室がない」などといったことが多く起こり得ます。

また、キャバクラの寮といっても必ず新しく綺麗な部屋である、静かな住環境であるという保証はないため、住んでみたら環境が悪く汚かった、繁華街の真ん中にあって常に周りがうるさいなどといったトラブルも起こります。

完全新規オープンのお店じゃなかった

キャバ嬢の求人では「新規オープン」などの文言が大きく掲載されていることもあります。

新規オープン店舗はキャバ嬢同士も皆スタート地点は同じなので軋轢や派閥もなく、のびのびと働けると感じて応募に至るキャバ嬢初心者の女性もいらっしゃることでしょう。

しかし、新規オープンとは名ばかりの「リニューアルオープン」キャバクラは少なくはありません。

新規オープン店舗だと思って応募したキャバクラが、名前や住所を変えただけの同じ店で、キャバ嬢は前店舗のメンバーをそのまま移籍、すでに軋轢と派閥が出来上がっており、関係性がギスギスしているという状況は珍しくはないのです。

失敗しないキャバクラ求人の選び方

キャバ嬢の求人では、甘い言葉で誘い実は掲載内容と全く違う営業をしているキャバクラも多数存在します。

キャバ嬢初心者の女性は経験も少なく、実体験や情報の雰囲気で判断したり、デマを掲載している求人を見極めることは困難を極めるものですよね。

キャバ嬢の求人で失敗しないためにも、事前にできる対策を知っておくことはとても有用です。

気になる点は事前に納得いくまで聞く

キャバ嬢は特に、本入店の前に面接と体入を行いますので、その時点で求人情報に間違いがないか、求人サイトに記載されていないことを説明された際、気になることがあった場合などは、遠慮せず質問をし、納得いくまでしっかり聞いたほうが良いでしょう。

もし、質問の時点で納得がいかないことやはぐらかされていると感じた場合は、法律に違反していたり求人情報とは違う内容でキャバ嬢を雇っていることも考えられる怪しいキャバクラですので、入店を見送りましょう。

風俗の掲載がない求人サイトを利用する

キャバ嬢の求人情報は、風俗系店舗と同じ求人サイトに掲載されることも珍しくありません。そのため、キャバクラを騙った風俗系店舗が、違法にキャバ嬢を志望する女性を店に引き入れているという事態も発生しています。

水商売系の求人サイトはほとんどが風俗系とキャバ嬢の求人を混濁して募集をしていますが、体入ドットコムであれば風俗系の求人がなく、安心してキャバ嬢求人に応募できると話題です。

画像引用元:https://www.tainew.com/

キャバクラのフリをして求人情報に紛れている風俗系が怖い女性は、体入ドットコムに掲載しているキャバ嬢求人に応募すれば間違いはないでしょう。

ネットやSNSを駆使して情報を集める

キャバ嬢求人を探す際は、求人情報に書いてあることだけでなく、店舗のSNSや実際に働く人のTwitter、ネット掲示板での口コミなど、そこで働くリアルなキャバ嬢の声を調査することも大切です。

リアルな声やこれから働きたいキャバクラの雰囲気を知ることで大体の職場環境はイメージできますし、キャバ嬢やボーイなどの顔がわかることで失敗する確率はぐんと下がります。

とはいえ、キャバ嬢求人サイトの口コミなどでは、同業他社が悪い口コミをわざわざ書いている可能性もあるため、こちらの情報も鵜呑みにしない「情報の取捨選択」は大切になります。