女性向けの体入情報まとめサイト

朝キャバでも稼げる?夜キャバには無いメリットや違いとは

朝キャバと夜キャバの違い

キャバクラというと夜のイメージが強い職種ですが、最近では「朝キャバ」という朝から営業するキャバクラも流行しています。

夜キャバと朝キャバの違いは、以下のようなものがあります。

  • 営業時間
  • 客層
  • 給料

それぞれ夜キャバとはかけ離れた個性がありますので、以下で順に解説していきます。

営業時間

朝キャバの営業時間は、もちろんお店にもよりますが、早朝から昼過ぎくらいまで営業している店舗が大半です。

具体的には5:00〜13:00、6:00〜15:00など、7時間〜8時間ほどの営業時間が多いですが、求人では「〜LAST」となっている場合もあります。

夜キャバの営業時間が20:00や21:00から深夜2時頃までとなっているのに対し、朝キャバは勤務時間帯も幅広い傾向があるようです。

また、朝キャバは早朝に開店する店舗がほとんどのため、開店時間やエリアによっては迎えの車が出ている場合もあり、通勤時間の速さで悩まされることも少ないでしょう。

客層

朝キャバの開店時間が早朝ということもあり、来店される客層はホストやボーイ、キャバクラやガールズバーの店長・キャストなど、同業のお客様が大半を占めています。

普段夜から明け方にかけて営業しているキャバクラやガールズバーといった場所のスタッフが、息抜きとして羽を伸ばしに飲みに来る場合がよくあるようです。

稀に朝まで飲んでベロベロになった一般のお客様もいらっしゃいますが、そういった迷惑なお客様はほとんど来ないため身構えずに接客できるでしょう。

同業者ゆえに「接客を見られているのでは」という緊張感はありますが、それ以上に「仕事をわかってくれている」ため、セクハラや距離感などを弁えてくれている方が多く、不快な思いをすることも少ないと言えます。

給料

夜キャバの平均時給は3000円前後ですが、朝キャバの場合は1000円ほど低く、平均時給は2000円ほどになります。

とはいえ朝キャバとはいえキャバクラなので、ドリンクや指名を多く勝ち取ることで「バック」と呼ばれるインセンティブが入り、頑張り次第で手取りの収入を上げることができます。

ポイント

時給+バックがあるということは、基本時給2000円にさらに上乗せされた収入が得られる。

朝キャバならではの4つのメリット

夜キャバにはない、朝キャバならではのメリットは以下の4つです。

  1. 一般職より高時給
  2. シンママにおすすめ
  3. 昼夜逆転しない
  4. 採用までのハードルが低い

どれも魅力的な条件ですが、内容はどういったものなのでしょうか?

以下で詳しく解説していきます。

①同じ時間帯の仕事の中では高時給

エリアにもよりますが、同じ時間帯のお仕事の時給は最大でも1500円程度が限界。

それに加え、高時給の仕事は専門的な知識や高いストレス耐性が求められることが多く、さらに住んでいる場所によっては辛さに比べて時給が存外低い場合もあります。

一方朝キャバは、特別なスキルや資格は特に必要なく、高いストレス耐性も特に求められません。

その上、前述の通り朝キャバは平均時給が2000円と普通の昼職に比べ高額なため、同じ時間働いて効率的に稼げるのは「間違いなく朝キャバ」と断言することができます。

②子供がいても働きやすい

働くシングルマザーにとって、子供と過ごす時間を確保しながら高収入を得ることは、何にも変え難い望みの1つかもしれません。

高収入な仕事というと、やはりキャバクラなどのナイトワークに限られてきますが、そうなると子供を夜間家に留守番させておかなくてはならず、食事や子供のメンタル面など、色々な心配が募って集中力も途切れ途切れになってしまいますよね。

しかし朝キャバであれば、子供を1人にする時間も最小限に抑えられますし、退勤時間がちょうど下校時刻や幼稚園のお迎えに間に合うため、夜の時間も余裕をもって子供に接することができます。

③昼夜逆転しない

夜キャバなどナイトワークは、日が暮れてから目を覚まし、明け方に眠りにつくという生活サイクルが基本ですが、この昼夜逆転の生活リズムを続けていると、不眠症や免疫力の低下など、体を壊しやすくなる傾向があります。

朝キャバのメリットは、昼職とほぼ同じ生活リズムで仕事をするため、昼夜逆転せず、体調を崩すリスクを最小限に抑えられるという点です。

また昼職と同じ生活リズムというのは、ご近所から妙な目を向けられないというメリットもあります。

④ハードルが低い

夜キャバは競争相手も多く、来店率や指名の奪い合いが起こりやすいため、どうしても容姿の良さや売り上げの有無など、求められる条件は高くなる傾向にあります。

ですが朝キャバは競争やノルマなどがほぼないので、容姿レベルや指名率などといった求められる条件も低く、課せられる課題なども軽いため、夜キャバに比べて気軽に仕事を始めることができます。

朝キャバは実際どれくらい稼げるの?

朝キャバで働いてみたい女性が何より気になるのは、「朝キャバは実際どれくらい稼げるか」という問題です。

ここでは、「フリーターが住みたい街No1」に選ばれている三鷹市を参考に、一般的な昼職バイトと朝キャバの収入差を明確化していきます。

  • 三鷹市の平均時給は1082円
  • 朝キャバの平均時給は2000円

三鷹市の平均時給は1082円で、東京都の最低賃金が1013円なのに対し70円ほど高いようです。

一方、朝キャバの平均時給は2000円となっており、この時給にプラスしてインセンティブが上乗せされるため、東京都の最低賃金のおよそ2倍以上を1時間で稼ぐことができます。

また、朝キャバの平均勤務時間はおよそ6時間です。週休2日、1日6時間働いた場合の月収には、以下のような違いがあります。

  • 三鷹市は6時間×22日働いて月収14万2824円
  • 朝キャバは6時間×22日働いて月収26万4000円

純粋に時給のみで換算しただけでも、ここまでの収入差が出ることが明らかになりました。

ここに指名バックやドリンクバックなどで、1日1000円のバックがついたとすると、朝キャバの収入は39万6000円となり、昼職バイトの2倍以上を稼げることがわかります。

朝キャバの求人は探し方が大事

朝キャバの求人は、個人でやっているブログやSNS経由でも応募することができますが、こういったサイトは「スカウト」と呼ばれる店と提携している人物が自己の利益のために女性を横流ししているだけの場合が大半です。

「スカウトの懐に入る紹介料が高いから」という極めて身勝手な理由で、粗悪なお店や法律に抵触していそうなお店を紹介される場合も少なくなく、危険な目にあう可能性も捨てきれません。

朝キャバという気軽に始められるキャバクラだからこそ、きちんとした求人サイトを利用すべきだと言えます。

とは言え、一般的なアルバイト求人サイトには朝キャバの求人が載っていないことも多く、探すのは難しいかもしれません。

ですが最近は、「体入ドットコム」を筆頭に、キャバクラ専門の求人サイトも台頭してきています。

画像引用元:https://www.tainew.com/

体入ドットコムを始めとしたキャバクラ専門の求人サイトであれば、最低勤務時間や時給やバックの条件など、細かいところまでこだわって朝キャバを探すことができるため、これから朝キャバで働きたいという女性は専門サイトを利用することを強くおすすめします。

現役キャバ嬢が伝授!失敗しないキャバクラ求人の選び方│トラブル事例