女性向けの体入情報まとめサイト

キャバクラの体入荒らしとは?体験入店の店舗数に制限があるってホント?

【 体入荒らしとは ?】
体入荒らしとは、キャバクラやガールズバーなどの「体入」ばかりを繰り返し、体入時の高いお給料だけ受け取って本入店をしないのを意図して行っている女性のことを指します。

キャバクラに初めて体入する女性には耳なれない言葉かもしれませんが、「自分に本当にぴったりのキャバクラを選びたいから…」と何店舗も体入を繰り返していると、あなたも「体入荒らし」と認定されて、キャバクラでの本採用が難航するかもしれません。

運営事務局
運営事務局

この記事では「体入荒らし」のボーダーラインや「体入荒らし」が嫌われる理由などを知ることができます。

キャバクラで体入荒らしと認定されるボーダーラインはここ

キャバクラから「この子は体入荒らしだな」認定されるボーダーラインは、以下の3つが代表的です。

①体入の日払い制度でお小遣いを稼いでいる【bad!】

「体験入店」の略でもあるキャバクラでの体入は、とりあえず1日働いてみてお店の雰囲気を感じてもらおうという制度のため、ほぼ全店舗で働いた分のお給料は日払いです。

また、体入で少しでも良い気持ちで帰ってもらおうというキャバクラからの気遣いとして、体入時給は本入時給より高く設定されていることがほとんど。

キャバクラから嫌われる体入荒らしはその制度を悪用し、本入店する気がないのにも関わらず何店舗も体入をハシゴし、お小遣いを稼いでいる女性のことを指します。

こう言った女性は一定数いるので、発見され次第確実に体入荒らしと認定されることは間違いありません。

②本入店する店を迷い体入を繰り返している 【bad!】

本入店する気持ちがあるものの、初めてキャバ嬢として働くなら、色々なお店に体入してみてしっくりくる店舗で仕事がしたいと思いますよね。

とはいえ、なかなか決められずに何店舗も体入を繰り返していると、本人に悪気がないとはいえ、キャバクラ側からしたら不審な動きをしているように見えてしまいます。

キャバクラ側はあなたが決めかねているとは思いませんし、体入を繰り返す本当の意図もはっきりとは分かりません。

何店舗も体入ばかり繰り返すことは、キャバクラ関係者が「この女性は体入荒らしなのでは?」とみなす可能性が高くなります。

③体入店が2〜4店舗程度で体入の期間が短い 【good!】

キャバクラの体入店が2店舗〜4店舗程度、かつ、期間を空けずに体入制度を利用している場合は、「本入店の気持ちはあるがキャバクラを比較しているのだろう」と捉えられることが大半です。

そのため、2店舗〜4店舗程度のキャバクラ体入のハシゴは体入荒らしとはみなされないでしょう。

体入店舗数が少なければキャバクラ側も容認しますが、あまりにも体入件数が多くなってしまった場合は体入した中から1店舗に絞るようにしましょう。

キャバクラの体入荒らしをしてはいけない理由

体入荒らしをしてはいけない理由は、主に以下の2つ。

①店側にデメリットしかないため

まず、キャバクラは体入できてくれた女性が本入店して働いてみようと思えるように最大限つくします。

本入時給を上回る高額な時給を支払う、フリー客をつけて会話に馴染んでもらうのはもちろん、在籍キャバ嬢やボーイは体入女性がお客様からの言動で傷つかないよう、特に目をかけて守ってくれたりなど特別に丁重に扱います。

そう言った労力を割いているのにもかかわらず、その思いが全く響かない体入荒らしだった場合、その日の営業で使った労力に見合う対価が得られることはありません。

運営事務局
運営事務局

体入荒らしは、キャバクラにデメリットしか生み出さない最悪の存在なのです。

②暗黙のルールで禁止されている

上記のようなこともありますので、体入荒らしはキャバクラ業界全体で「暗黙のルール」にて禁止されています。

とはいえキャバクラの体入荒らしやそれに準ずる行為は、法律で明確に禁じられているというわけではないため、体入制度を悪用して日払いで稼ぐ女性は常に一定数おり後をたちません。

そのような現状がある中で労働力を無駄遣いする体入荒らしがいい顔をされるわけがなく、業界全体で体入荒らしに対しては厳しい目が向けられています。

体入荒らしと認定されると面接に受からなくなる

体入荒らしを繰り返していると、面接に受からなくなります。というのも、キャバクラ界隈は非常に狭く、店舗同士で情報を共有し合っているためです。

前述の通り体入荒らしをする女性は後をたたず、むしろ昨今の不景気のあおりを受けて増え続ける一方でもあるため、キャバクラ業界の目は一層厳しくなっており、店舗間で共有している情報網・ブラックリストに名前や顔が載ってしまう可能性が跳ね上がります。

「体入荒らし」として情報が出回っている人は面接を通過することができなくなり、結果として日払いを稼ぐこともできず、またどこのキャバクラでも採用されななくなっていきます。

体験入店をする数に制限は無いが2~4店舗が妥当

体入の店舗数に制限は設けられてはいないのですが、キャバクラ業界全体として敷かれている暗黙のルールでは、2店舗〜4店舗程度が「妥当」な体入店舗数と言われています。

例え迷って店舗を渡り歩いているとしても、4店舗以上となると「体入を繰り返している子」として店舗間で情報が出回り始め、要注意人物としてマークされる可能性が出てきます。

本気でキャバ嬢として本採用されたいと思っているのに、お店が決まる頃には雇ってくれるキャバクラがなくなっていた、というのは悲しすぎますよね。

キャバクラの体入は、4店舗以下にしておいた方が「体入荒らし」の不名誉なレッテルを貼られないで済むと言えるでしょう。