女性向けの体入情報まとめサイト

キャバクラなどの水商売は確定申告が必要!税金はしっかり納めよう!

水商売で働く女性のほとんどは、社員やアルバイトとして店舗と契約しているのではなく「個人事業主」として、お仕事を委託されている場合が大半です。

個人事業主の場合ですと、一般的な雇用とは少し契約が異なるため、家族や職場などに水商売をしていることがバレにくく、アリバイ対策ができるというメリットがあります。

しかし、個人事業主で気をつけなければならないのは「確定申告」です。

この記事では、水商売で働く女性に確定申告が必要な理由や、確定申告をした際のメリットをご紹介します。

キャバクラなどの水商売でも確定申告が必要な理由

キャバクラなどでの水商売で確定申告が必要な理由は、身バレ防止や様々な還付金が受けられるなどのメリットが多いためです。

自分自身に何かとお金がかかる水商売では、確定申告をしていた方が出費が少なくなり、場合によっては儲かる確率も高くなります。

確定申告を必要とする人は、個人事業主として水商売に従事しているか、副業で店舗と雇用契約を交わしている従業員が対象です。

個人事業主として水商売で働く人

個人事業主として水商売で働いている人は、副業・本業問わず、いかなる場合であれ確定申告が必要になるケースが多いです。

確定申告が必要になるのは、「年間の所得」が副業で20万円を超えているか、本業で48万円を超えている場合です。

副業で店舗と雇用契約を交わしている人

昼間仕事があり、水商売を副業としつつ店舗と雇用契約を交わしている場合も、確定申告が必要となります。

本業で給与を受け取っていて、水商売で年間20万円以上の収入がある場合、確定申告をしていないとさまざまなリスクがあります。

例えば、水商売の給与分収入が増えた場合、それに伴って住民税も増えます。そうなると、本業の職場に水商売の副業がバレるだけでなく、本来失わなくてよかったお金を支払うことにもなります。

どちらも確定申告を行わないと「無申告」という扱いになり、延滞税や追加徴税など税金を余分に支払わなくてはならなくなります。

補足情報

例外として、水商売でもお店と「雇用契約」をしていて、かつ水商売が本業の場合は区分が従業員になり店舗が源泉徴収などの税金管理を行なってくれているため、確定申告は必要ありません。

水商売で確定申告をするとこんなメリットがある

水商売で確定申告するメリットは、脱税や罰則を逃れられるというだけではありません。

水商売で働く女性が確定申告を行うと、医療費や所得税などといった払いすぎた税金を取り戻すことができるほか、イベントでのコスプレ衣装や付き合いのお食事代などを「経費」として計上して、所得税の負担を減らすことができます。

膨大な書類や領収書の類など少々面倒な確定申告ですが、手続きをしておいて損になることはありません。

払い過ぎた税金が戻ってくる

水商売で働く女性が確定申告で得られるメリットは、還付金と呼ばれる税金が戻ってくる制度を利用できることです。

この制度では還付申告を行うことで、源泉徴収などで個人事業主が支払いすぎた税金を取り戻すことができます。

水商売で引かれる平均10%の源泉徴収は規定値が決まっているため、本来払うべき金額以上を差し引かれていることも稀ではありません。

ポイント

水商売で働く女性が確定申告をすると、過剰な支払いを食い止めることができます。

経費で節税できる

水商売で働く女性が確定申告をするメリットのひとつに、ドレス代やヘアメイク、エステ、コスメ、お客様とのお食事代などを「業務上必要な経費」として計上することができるという点です。

確定申告では全体の給与から経費・控除を引いた額を「収入」として申告し、その収入に見合った所得税を徴収します。

経費としてできるだけ多く計上すれば、書面上手元に残っている「収入」は少なくて済み、所得税を低くできるため、節税につながります。

ポイント

水商売は仕事上自身の美を保つための出費や、お客様の接待費(アフターのお金、お客様へのプレゼント代など)が必要となる場面もありますが、ほとんどを経費として扱うことができます。

水商売で確定申告する方法

水商売で確定申告する方法は、以下の通りです。

ここでは、わざわざ税務署に向かわなくてもいい「e-tax」での確定申告方法を紹介しています。

スマホ、もしくはパソコンを用意する

マイナンバーカードを読み取り、e-taxへログインします。

国税庁HP「確定申告書等作成コーナー」にて金額などを打ち込み、申告書を作成

画面の案内に従って入力することで、アカウント(利用者識別番号)の取得から、申告書の作成まで行えます。

源泉徴収票などの内容を入力

源泉徴収票など提出が必要な書類も画面に入力して送信することで、提出が省略できます。

e-taxで申告書を送信

還付申告などを行う場合も内容に問題がなければ最短3週間程度で税金が還付されます。

「e-tax」では確定申告期間中は24時間毎日利用できるので、朝まで働いている水商売の女性には大変便利なシステムです。